早漏を自分で治す方法|スクイーズ法

早漏を自分で治す方法|スクイーズ法

早漏を自分で治すのは可能?

早漏は刺激に敏感であったり、想像力が豊かなのが原因になっているケースが多いです。
マスターベーションが好きな人は自分の好きなタイミングで射精することが多いです。
「すぐに気持ち良くなりたい」という癖が身についてしまうと、女性が気持ちよくなる前に射精してしまう体になってしまいます。
こうなってしまうと自分で治すのはかなり大変なので、ここまで酷くなる前に自分でトレーニングするのがおすすめです。
早漏を治すトレーニングで最も有名なのはスクイーズ法です。
スクイーズ法は刺激に慣れて射精までの時間を長くするトレーニングです。
マスターベーションする時に自分の好きなタイミングで射精するのではなく、気持ち良くなってきたら一度手を止めます。
そしてそのまま亀頭部分を握ります。
軽くつぶすような感じがちょうど良いです。
興奮が少し落ち着いたら再びマスターベーションを始めて、興奮のピークの前に達する前に手を止めます。

継続することで効果が出る!

スクイーズ法は刺激に慣れて射精までの時間を長くするトレーニングなので、何度も繰り返す必要があります。
サッカーや野球の練習も同じだと思いますが、一度のトレーニングでは高い効果を得ることができません。
最初は上手くできなかったり、効果を感じない人もいるかもしれませんが、繰り返し行うことで上達しますしコツも分かってくるはずです。
「トレーニングをしても早漏が治らない」と言う人は1回2回やっただけでやめている可能性が高いです。
スクイーズ法は継続することで効果が出るので最低でも10回以上やるのがポイントです。
マスターベーションをしない人は自分で早漏を治すのが難しいので、彼女に手伝ってもらうと良いです。
彼女との行為中に射精しそうになったら行為を少し中断してインターバルを取るのがおすすめです。
自分だけでスクイーズ法のトレーニングするよりも効果的ですし、彼女がいるおかげで頑張れる人も多いはずです。

まとめ

スクイーズ法は刺激に慣れて射精までの時間を長くするトレーニングなので、しっかり実践すれば早漏を自分で治すのは可能です。
自分一人でも可能ですし、道具を使う必要もないので非常に簡単な方法です。
スクイーズ法は継続することで効果が出るので、1回2回で諦めてしまうのは駄目です。
スポーツで上達するためには何度も繰り返し練習を行うと思いますが、早漏治療も同じようなことが言えます。
上達するまで諦めないのが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*