早漏を自分で治す方法|セマンズ法

早漏を自分で治す方法|セマンズ法
Beautiful passionate couple is having sex on bed.

射精を自分でコントロールする

早漏で悩んでいる男性は日本にもたくさん存在する筈ですが、自分で治したいと考えている人も多いと考えられます。
自分で早漏を改善する方法としてはセマンズ法が有名であり、自慰行為をしていくときに少し意識をすることで簡単にチャレンジをすることができます。

セマンズ法では自慰行為をしている最中に射精をしたい気持ちになったら、刺激を中止しないといけないです。
普通はそのまま射精をすることで快感を得ることができますが、セマンズ法では射精を我慢しないといけませんから、自分で男性器に刺激を与えながら射精をする直前まで追い込む必要があります。

射精をする段階で我慢をする状態を何回も繰り返していく必要があり、基本的には我慢ができる限界まで繰り返さないといけないです。
最初は少ない回数しか我慢ができなくても、徐々に早漏が改善されていきますから、耐えられる回数が増えていくと考えられます。
自分で男性器を鍛えることで、早漏を改善できるのが大きな強みです。

パートナーやローションを用意するとより効果的

セマンズ法は自分でやることもできますが、パートナーにやって貰えるとより効果があります。
自分で自慰行為をすると刺激を加減してしまうので、性交渉をするときには耐えられない可能性があるので注意が必要です。
パートナーに手伝って貰うことで、自分以外の人に刺激を与えて貰えますから、性交渉のときと近い状態を再現できるので効果的に早漏を改善することができます。

ローションを同時に使用することで、性交渉と近い状態になりますから、よりセマンズ法の効果を得ることが可能です。
早漏の男性は射精が近いというタイミングを理解できていない可能性があるので、セマンズ法を繰り返すことで自分が射精しそうなタイミングを理解できるようになるのも大切です。

セマンズ法は自分でやることもできますし、パートナーに手伝った貰ったりローションを活用することで、徐々に耐性を上げていくことができます。
パートナーにサポートをお願いする場合は、パートナー側にも刺激を与えることで、よりセマンズ法を楽しみながら早漏の改善に繋げていける筈です。

まとめ

早漏を自分で改善したいと考えている場合はセマンズ法を活用すると、スムーズに早漏の状態を脱することができます。
やり方は簡単で自慰行為をおこない射精をしそうなタイミングで刺激を与えるのを止める流れを何回も繰り返すことで、男性器が刺激に耐えられるようになりますから、早漏を改善することが可能です。
セマンズ法は自分でやることもできますが、パートナーにお願いをしたりローションを活用することで、男性器への刺激を増すことができますから、より効率的にセマンズ法ができるようになれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*